PDF公開:『ICR SDGs 不平等セミナー報告書 vol.1』(2020年3月)

2020年2月3日、3月5日に開催した、ICR SDGs 不平等セミナーの報告書(2020年3月)のPDFを全ページ公開します。   第 1 回  アジアの不平等を考える 2020年2月3日(月) 14:00~16:00 @人文社会系棟A101 講演 「社会階層と社会移動の国際比較研究の展開」   三輪哲(東京大学社会科学研究所教授) 「健康格差の社会的要因:医療の質と医療へのアクセス、健康 行動と健康観」   松島みどり(筑波大学人文社会系准教授) 「AI時代における情報格差とアジア」  海後宗男(筑波大学人文社会系教授) 司会・討論:山本英弘(筑波大学人文社会系准教授)   第2回 『共通⾔語』としてのSDGs 岡⼭⼤学の経験から 2020年3⽉5⽇ (木)15:00〜17:00 @⼈⽂社会系棟A422 講演   ⻘尾謙(岡⼭⼤学副理事 岡⼭⼤学⼤学院ヘルスシステム統合科学研究科講師)     (PDF公開) ICR 不平等セミナー報告書 ...
More

【2020/5/28プレスリリース】筑波大学とF1000 Research社、オープンサイエンス先導に向けた契約を締結~日本語にも対応した世界初のオープンリサーチ出版~

2020年5月28日 筑波大学のプレスリリースより http://www.tsukuba.ac.jp/news/n202005281630.html 国立大学法人筑波大学(学長:永田恭介)とF1000 Research Limited(Managing Director:レベッカ・ローレンス)は、研究者が英語か日本語で論文が出版できる世界初のオープンリサーチ出版ゲートウェイの開発にむけた契約を締結しました。これにより、筑波大学所属の研究者が迅速且つオープンで透明性の高い方法であらゆる研究やデータを簡単に出版できるようになるだけでなく、人文学や社会科学の研究者が英語で書くか日本語で書くかを選べるようになります。 すべての成果はオープンアクセスで公開されるため、だれでも自由に読むことができます。また、公開と査読の順番を入れ替えることで、迅速かつ透明性の高い研究成果の公開が可能になる「F1000 Research出版モデル」(※注1)を利用します。 「F1000 Research出版モデル」は、著者のためになるように設計されており、公開査読への参加から著作権の帰属に...
More

PDF公開:『筑波大学ICRと人文社会系の研究活動 2013年~2017年度報告書』

『筑波大学ICRと人文社会系の研究活動 2013年~2017年度報告書』(2018年3月)のPDFを全ページ公開します。 (PDF公開) ICRと人文社会系の研究活動 (表紙と目次)
More

【2020/3/5】ICR SDGsセミナーのお知らせ 「『共通言語』としてのSDGs 岡山大学の経験から」

3月5日(木曜日)15時より、ICR SDGsセミナー「共通言語』としてのSDGs 岡山大学の経験から」を開催いたします。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。 講演者:青尾 謙 氏(岡山大学副理事/岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科講師) 日時:3月5日(木) 15:00~17:00 場所:人文社会系棟 A422 ※事前申し込み不要・どなたでもご自由にご参加ください。 【お問い合わせ】山本英弘(yamamoto.hidehiro.gf[at]u.tsukubai.ac.jp [at]を@に替えてください)
More

【12/21】西アジア文明研究センター 研究会のお知らせ 「西アジア先史時代における生業と社会構造」

12月21日(土曜日)15時より、計画研究01「西アジア先史時代における生業と社会構造」による第9回研究会を開催いたします。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。   日 時:2019年12月21日(土)15:00 - 17:00 会 場:筑波大学東京キャンパス文京校舎(茗荷谷)122講義室( アクセス)   講演者: 本郷 一美(総合研究大学院大学)「ジャルモ出土動物骨(2018 年)概報」     前田 修(筑波大学)「考古学におけるランドスケープ研究:認識論的アプローチ」           ポスター(PDF) ※事前登録不要。直接会場にお越しください。    
More

【11/24】西アジア文明研究センター 研究会のお知らせ 「西アジアにおける初期の印章と封泥」

11月24日(日曜日)15時より、計画研究01「西アジア先史時代における生業と社会構造」による第8回研究会を開催いたします。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。   日 時:2019年11月24日(日)15:00- 会 場:筑波大学東京キャンパス文京校舎(茗荷谷)557ゼミ室( アクセス ) 講義者:常 木 晃(筑波大学)    「西アジアにおける初期の印章と封泥」                   ※参加自由・事前登録不要です。 ポスター(PDF)
More

【11/17】西アジア文明研究センター 研究会のお知らせ 「サーサーン朝の帝国都市と宗教」

11月17日(日曜日)15時15分より、古代オリエント博物館とA02-計画研究02 第10回研究会の共催による講演会を開催します。 サーサーン朝時代に、アソーリスターン州(バビロニア)では、大規模な都市化が進んだとされます。また、サーサーン朝皇帝は、帝国西南部で都市建設と移住政策を繰り返していました。この講演では、それらの都市化と、サーサーン朝の宗教政策の関係を探ります。   日 時:2019年11月17日(日)15:15-16:45 会 場:サンシャインシティ文化会館 7階710室(  アクセス  ) 講演者:青 木 健(静岡文化芸術大学) 「サーサーン朝の帝国都市と宗教」 ※先着130名。座席に限りがあり立席になる場合もあります。               ポスター(PDF)
More

【8/2】公開講座「レキジン・アトリエ~歴史学/人類学を研究する、というキャリアを描いてみること~」

8月2日16時30分より、「レキジン・アトリエ~歴史学/人類学を研究する、というキャリアを描いてみること~」が開催されます。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。 本公開講座では、人文社会科学研究科 歴史・人類学専攻の教員が、現在行っている研究や、および研究者の形成過程についての“生の”様子を紹介します。そのうえで、学問・研究することを人生のキャリアの一部することについて、できるだけ具体的・実践的な事例も交えて受講者とともに語りあいます。 2018年7月24日に第1回が行われ、本会は2回目になります。   日 時:2018年8月2日(木)16:30~18:30 場 所:筑波大学 人社棟A201 問い合わせ先:kimura.shuhei.ge@u.tsukuba.ac.jp                     ※参加費用は無料、申し込みは不要です。
More

【7/12-13】2018年E-デモクラシー・オープンガバメント国際会議アジア大会

7月12日~13日に、2018年E-デモクラシー・オープンガバメント国際会議アジア大会が横浜で開催されました。会議のテーマは、政治的極性化、キャンペーン、人民主義、市民的関与、Eデモクラシーとスマートシティでした。 詳細は以下の通りです。 Following eleven successful conferences in Austria and three inspiring conferences in Singapore, Hong Kong and South Korea, Conference for E-Democracy and Open Government was hosted in Yokohama (Japan) from 12-13 July 2018. The themes of the conference were political polarization, campaigning, populism, civic engagement, e-government and smart cities. The keynote ad...
More