【6/4】西アジア文明研究センター 第15回定例研究会のお知らせ

6月4日月曜日、15時30分よりに西アジア文明研究センターの第15回定例研究会を開催いたします。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。   日 時:2018年6月4日(月0)15:30-17:00 場 所:総合研究棟 B112 主 催:西アジア文明研究センター
More

【3/30】重伝建のまちづくり・足助ー地域社会の継承と豊田市の現在

3月30日13時より、「重伝建のまちづくり・足助ー地域社会の継承と豊田市の現在」 教育戦略推進プロジェクト 学的理念としての「多文化共生」をめざした学位プログラム教育課程の構築 を開催いたします。是非ふるってご参加ください。 (さらに…)
More

【3/16-17】国際シンポジウム「文化の対話と翻訳・翻案」

3月16日(金)から17日(土)にタシケント国立東洋学大学にて国際シンポジウム「文化の対話と翻訳・翻案」を開催します。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。   中央アジア・ウズベキスタン共和国の筑波大学タシケントオフィスで行われる人文研究集会で、文学・翻訳研究、言語研究、移民研究などの発表がなされます。 2016年に第1回が行われ、本会は2回目になります。 (さらに…)
More

講演のご案内:「トランプ政権下のシェブロン 法理の展開 」

3月16日(金)15時より、筑波大学東京キャンパスにて明治学院大学・筑波大学ICR,SARACA・国際地域専攻共催の講演を開催いたします。 今回はカリフォニア州立大学バークレーロースクールのダニエル・ファーバー教授をお招きして「トランプ政権下のシェブロン 法理の展開 」についてご講演して頂ききます。 参加費無料。事前登録ありです。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。 ポスター(PDF)     テーマ:トランプ政権下のシェブロン 法理の展開 Chevron doctrine under Trump administration 講演者:ダニエル・ファーバー教授 カリフォニア州立大学バークレー、ロースクール Prof. Daniel A.Farber, UC Berkeley School of Law 日 時:2018年3月16日(金)15:00-17:00 場 所:筑波大学東京キャンパス118教室 参加費:無料 申 込:要 (座席に限りがあります) 筑波大学大学院国際地域事務室 0...
More

3/16(金)人文・社会科学系研究の未来像を描く【第4回人文・社会科学系研究推進フォーラム@京都大学】

人文・社会科学系の研究にかかわる研究者、URA、事務系職員、行政機関・資金配分機関の関係者等が集うフォーラム(第4回)が、京都大学にて開催されます。参加費は無料・事前登録ありです。是非ご参加ください。 (さらに…)
More

第39回ICRセミナー(2月1日)

2月1日(木)14時より、第39回ICRセミナーを開催いたします。登録不要、参加無料ですので、是非ご参加ください。   ポスター(PDF) Prof. Robert Levine (Ohio State University) What are we missing? Formal grammar, functional factors and the analysis of ellipsis This talk is supported by JSPS KAKENHI Grant number 15K16732. Time: February 1 (Thursday) 14:00-16:00 Place: Jinsha-tou A101 (人文社会系棟 A101)
More

フランス国立科学研究センター(CNRS)「音声言語研究所(LPL)」学術ジャーナル特集号:「紛争と談話/言説」

コア研究員の木田剛准教授とLaura-Anca Parepa博士(元学術振興会特別研究員、元筑波大学)がゲスト・エディターを務めた、フランス国立科学研究センター(CNRS)Laboratoire Parole et Langage(音声言語研究所)主催の学術ジャーナル特別号の続編(TIPA No. 33)が出版されました。今回は制度的な文脈に焦点を当てた、メディア言説、法廷における紛争回避ストラテジー、政治談話、宗教談話を扱った論文が寄稿されています。詳細は以下の通りです。   Our Core Researcher Dr.Tsuyoshi KIDA (Associate Professor, University of Tsukuba) and Dr.Laura-Anca PAREPA (former JSPS research fellow, University of Tsukuba) invited as Guest Editors by CNRS Laboratories Parole et Langage (LPL), Aix en Provence ...
More