【6/21】計画研究05「中世から近代の西アジア・イスラーム都市の構造に関する歴史学的研究」による第25回研究会

C01-計画研究05 第25回研究会 計画研究05「中世から近代の西アジア・イスラーム都市の構造に関する歴史学的研究」による第25回研究会を開催します。 「都市とは何か」を検討するにあたり、さまざまな地域や時代の歴史をご専門とされる先生方をお招きして、オンライン(Zoom)による連続講演会「都市の世界史」を開催しております。 第3回は下記の要領で行います。 日時:2022年6月21日(火)19:30~21:00 講師:菅谷 成子先生(愛媛大学) テーマ:「スペイン植民地都市マニラ」 【講師紹介】 愛媛大学客員教授。専門は、東南アジア史、フィリピン近世・近代史。著書に『歴史の資料を読む』(創風社出版、共著、2013年)、『近代アジアの自画像と他者:地域社会と「外国人」問題』(京都大学学術出版会、共著、2011年)、『近世の海域世界と地方統治』(汲古書院、共著、2010年)、「19世紀マニラにおける欧米人」(『資料学の方法を探る』18、2019年)などがある。 *今回は、スペイン植民地都市「マニラ市」の設置(1571年)によって、南シナ海交易ネットワーク上の港...
More

【3/31】 第8回ICR・プレ戦略イニシアティブ共同セミナー「誰の平等か?:無国籍研究、ポスト・アントロポセン研究の経験から 」

[イベント][3/31 15:00-] 第8回ICR・プレ戦略イニシアティブ共同セミナー「誰の平等か?:無国籍研究、ポスト・アントロポセン研究の経験から 」 山本研・プレ戦プロジェクトでは、格差・不平等の政策的解決、そのためのデジタル技術の可能性(デジタル民主主義)などをテーマとしつつセミナー・シリーズを断続的に開催しております。 第8回のセミナーは、筑波大学人文社会系助教秋山肇様にご講演いただきます。 詳細はDDPIウェブサイトをご覧ください。 https://ddpi.icrhs.tsukuba.ac.jp/topics/528/ https://www.facebook.com/103530318841239/posts/136581705536100/?d=n お問い合わせ先:DDPI@japan.tsukuba.ac.jp
More

【3/7】 第7回ICR・プレ戦略イニシアティブ共同セミナー「 平等のダイナミックな理解に向けて—政治理論の視点から—  」

[イベント][3/7 15:00-] 第7回ICR・プレ戦略イニシアティブ共同セミナー「 平等のダイナミックな理解に向けて—政治理論の視点から—  」 山本研・プレ戦プロジェクトでは、格差・不平等の政策的解決、そのためのデジタル技術の可能性(デジタル民主主義)などをテーマとしつつセミナー・シリーズを断続的に開催しております。  第7回のセミナーは、政治思想・政治理論をご専門とする国際基督教大学教養学部の木部尚志教授にご講演いただきます。 詳細はDDPIウェブサイトをご覧ください。 https://ddpi.icrhs.tsukuba.ac.jp/topics/445/ https://m.facebook.com/103530318841239/posts/134200982440839/?d=n お問い合わせ先:DDPI@japan.tsukuba.ac.jp
More

【1/20】第5回 ICR・プレ戦略イニシアティブ共同セミナー「人文社会科学分野における研究データインフラの展望と課題」

[イベント] 第5回 ICR・プレ戦略イニシアティブ共同セミナー「人文社会科学分野における研究データインフラの展望と課題」   山本研・プレ戦プロジェクトでは、格差・不平等の政策的解決、そのためのデジタル技術の可能性(デジタル民主主義)などをテーマとしつつセミナー・シリーズを断続的に開催しております。 第5回の講演者には、国立情報学研究所の朝岡誠様をお招きいたします。今日はデジタルトランスフォーメーション(DX)の時代と言われるようになり、人文学・社会科学においても、様々な研究データを分野横断的に共有し活用できるようにすることが求められつつあります。そこで、その専門家である朝岡様から、データインフラ事業の課題と展望について話題をご提供いただきます。 ご関心おありの方はぜひご参加ください。 第5回ICR・プレ戦略イニシアティブ共同セミナー「人文社会科学分野における研究データインフラの展望と課題」 開催日時:2022年1月20日(木)15:00~16:30 開催場所:オンライン 報告者:朝岡誠(国立情報学研究所) 参加費用:無料 事前申し込み方法:参加希望の方は、下...
More

【1/27】西アジア文明研究センター研究会のお知らせ

C01-計画研究06 第14回研究会 International Research Meeting on Scientific Studies for Cappadocia Site: St. Simeon church and surrounding regions 計画研究06「西アジア地域の都市空間の重層性に関する計画論的研究」による第14回研究会を開催します。 日時 2022年1月27日(木) 17:00-19:00(日本時間) (Turkey: 11:00-13:00,  Italy: 9:00-11:00) 会場 Zoomを用いたオンライン開催 プログラム SUGAWARA Hirofumi "On the Development of the Monastic Community in Göreme and Çavusin"SANO Katsuhiko "Characteristics of tuff rocks in Paşabağ (Valley of the Monks) and deterioration...
More

【12/21】第4回 ICR・プレ戦略イニシアティブ共同セミナー「令和初の衆院選から何が見えるか」

[イベント] 第4回 ICR・プレ戦略イニシアティブ共同セミナー「令和初の衆院選から何が見えるか」 山本研・プレ戦プロジェクトでは、格差・不平等の政策的解決、 そのためのデジタル技術の可能性(デジタル民主主義)などをテーマとしつつセミナー・シリーズを断続的に開催しております。 第4回は、先般行われたばかりの衆議院議員総選挙を振り返ってまいります。 朝日新聞編集委員であります秋山訓子様を講演者にお招きしまして、 令和初の選挙が日本社会にもたらすインパクトを読み解いてまいります。 ご関心おありの方はぜひご参加ください。 第4回ICR・プレ戦略イニシアティブ共同セミナー「令和初の衆院選から何が見えるか」 開催日時:2021年12月21日(火)15:00?16:30 開催場所:オンライン プログラム:「2021年総選挙を読み解く」 話題提供:秋山 訓子(朝日新聞編集委員) 参加費用:無料 事前申し込み方法: 参加希望の方は、下記リンクまたはポスター中の QRコード よりお申し込みください。 https://forms...
More

【12/15】西アジア文明研究センター研究会のお知らせ

A02-計画研究02 第17回研究会 計画研究02「古代西アジアにおける都市の景観と機能」による第17回研究会を開催します。 日時 2021年12月15日(水) 18:00-19:30 会場 Zoomを用いたオンライン・対面 同時開催 筑波大学プロジェクト研究棟306 西アジア文明研究センター発表者 Timothy Scott Hogue(University of Tsukuba) "Building Sam'al: Crafting Cityscapes to Create Communities"※ 発表は英語でおこなわれます。通訳はありません。 ※ ご参加を希望の方は、 rcwasia[@]hass.tsukuba.ac.jp (「西アジア都市」事務局:土日は非対応)宛てのメールでご連絡ください。 なお、場所の制限により、オンラインでのご参加をお願いする場合がございます。 新学術ホームページ 日本語 http://rcwasia.hass.tsukuba.ac.jp/city/seminar/index.html#A02-...
More

【12/6】「古代西アジアをめぐる水と土と都市の相生・相克と都市鉱山の起源」による第5回研究会

B01-計画研究04 第5回研究会   計画研究04「古代西アジアをめぐる水と土と都市の相生・相克と都市鉱山の起源」による第5回研究会を開催します。   日時 2021年12月6日(月)11:00-12:00   会場 MS Teamsによるオンライン開催   話題提供者 下岡 順直(立正大学) 「Tell Umm al-Aqaribの三日月型砂丘の ルミネッセンス年代測定と風向風速解析 :古代メソポタミア都市遺跡を呑み込む 砂丘列の移動を解明する」   ※ オンライン参加をご希望の方は、12月3日(金)までにanma[ @ ]tokushima-u.ac.jp <http://tokushima-u.ac.jp/> (安間)宛てのメールでご連絡ください。   新学術ホームページ 日本語 http://rcwasia.hass.tsukuba.ac.jp/city/seminar/index.html#B01-01_05 English http://rcwasia....
More

ムーンショット新たな目標検討のためのビジョン策定(ミレニア・プログラム)

地球が安心できる地球をつくろう。 IMAGINE THE FUTURE with the post-anthropocentric "Earth" 概要  メンバー  2050年の社会像  アウトリーチ  メディア情報  リンク 筑波大学人文社会系教員をチームリーダーとする「チーム ポスト・アントロポセン」が科学技術振興機構(JST)ムーンショット型研究開発事業 新たな目標検討のためのビジョン策定(ミレニア・プログラム)に採択されました。人文社会科学及び自然科学の知見を導入し、ベンチャー企業とも協働し、2050年の社会像を検討していきます。   新着情報 2021.3.11. 本ページを公開しました。 2021.5.6  メンバー情報(2021年4月~)を更新しました。 2021.9.9. 筑波会議2021セッション情報を公開しました。   概要 チーム名 チーム ポスト・アントロポセン 調査研究課題名 ポスト・アントロポセンの価値観・行動様式・科学技術に関する調査研究 調査研...
More

NEW ISSUE: Inter Faculty, Journal of Interdisciplinary Research in Human and Social Sciences, Vol 10 (2020): Resonance [Special Issue 2019-2020

      NEW ISSUE: Inter Faculty, Vol 10 (2020): Resonance [Special Issue 2019-2020] see: <Vol 10 (2020): Resonance [Special Issue 2019-2020] | Inter Faculty (tsukuba.ac.jp)>   Table of Contents Preface Foreword Jun IKEDA (Japan) About Resonance Saburo AOKI (Japan)   Part I.  ‘In the Covid’: Some Reflections for Our Resonant Situation Christopher ELSON (Canada) La pandémie de 2020 : peur des autres, peur pour les autres ; ...
More