筑波大学哲学・思想学会第38回学術大会(10/28)

10月28日(土)10時より、筑波大学哲学・思想学会第38回学術大会を開催いたします。今回は、出口康夫先生(京都大学)をお招きし、ご講演いただく予定です。また、下記の研究発表も予定しております。皆様ふるってご参加ください。

プログラムおよびポスター(PDF)

◇ 日時:10月28日(土)10時~
◇ 会場:人文社会学系棟A101
◇ 参加費:無料(懇親会参加費:4000円)

■プログラム

□研究発表

【午前】10:00〜12:25

「責めある存在を引き受ける」とはいかなることなのか   (10:00〜10:35)
岸本 崇(筑波大学大学院生)

古代日本の「名分」
――本居宣長における「名分」論の受容――           (10:35~11:10)
河合一樹(筑波大学大学院生)

儒教経典解釈の比較研究
――宋明理学・儒家神道・(儒教的)キリスト教――       (11:15~11:50)
竹中 淳(筑波大学大学院生)

マクダウェルの概念主義と超越論的な問題
――非概念主義、現象学との対比から――            (11:50〜12:25)
小川祐輔(筑波大学大学院生)

 

【午後】13:45~14:55

「自由―責任」論再考
――キルケゴールの倫理思想を手がかりとして――     (13:45〜14:20)
馬場智理(放送大学)

インド仏教論理学研究の最近の動向
――因明学への架橋                    (14:20〜14:55)
小野 基(筑波大学)

 

□公開講演会 15:30〜17:00

分析アジア哲学とは何か?:後期西田哲学の再構築
Introduction to Analytic Asian Philosophy: Reconstructing Late Nishida
出口康夫先生(京都大学教授)

 

□懇親会 17:30〜19:30

主催:筑波大学哲学・思想学会
後援:筑波大学人文社会国際比較研究機構(ICR)

問い合わせ:筑波大学哲学・思想学会事務局
utpa♯@♯logos.tsukuba.ac.jp(♯@♯を「@」に置き換えてください)