【3/15】A01-計画研究01 第3回研究会(国際ワークショップ)のお知らせ

3月15日(金曜日)、13時半より、科研費新学術領域研究「都市文明の本質」 におきまして、 A01-計画研究01 第3回研究会(国際ワークショップ)「What bone tells us: The Neolithic lifeways in Anatolia and beyond」を行います。

計画研究01「西アジア先史時代における生業と社会構造」では、以下の要領で国際ワークショップを開催します。今回はトルコから3名の人類学者をお迎えし、国内の気鋭の研究者を交えて、「骨からわかること」と題して、食性、健康状態、人口構成など、多方面から新石器時代の人々の生活に迫ります。

計画研究班内の研究会ですが、ご興味のある方はどなたでも参加をお待ちしております。

 

日 時:2019年3月15日(金)13:30~18:00

会 場:筑波大学総合研究棟A107 (地図中のJ8)

 

<プログラム>

13:30 – 13:40: Yutaka Miyake (University of Tsukuba)

Opening address

13:40 – 14:10: Yuko Miyauchi (University of Tsukuba)

Reconsidering the infant burials in prehistoric West Asia: Case study from Tappeh Sang-i Chakhmaq, Iran

14:10 – 14:40: Osamu Kondo (University of Tokyo)

Paleobiology of the Neolithic people from Hasankeyf Höyük

14:40 – 15:10: Ömür Dilek Erdal (Hacettepe University, Turkey)

Population structure and health status of Aşıklı Höyük people

15:10 – 15:40: Coffee break

15:40 – 16:10: Yu Itahashi (University of Tokyo)

Change of the contributions of animal protein between hunter and herder in the Neolithic Anatolia

16:10 – 16:40: Kameray Özdemir (Hacettepe University)

From sedentary populations to centralized societies: Changing in dietary pattern in Anatolia

16:40 – 17:10: Yılmaz Selim Erdal (Hacettepe University)

Effect of agriculture on human skeleton: A bioarchaeological study in the Neolithic Anatolia

 

17:10 – 18:00: Discussion

 

18:00 – : Reception

 

※講演は英語で行われます。

ポスター(PDF)