ICRシンポジウム”Japan and the World after 3.11″開催について

当機構は、東日本大震災後の世界と日本のあり方を考えるため、Tsukuba Global Science Week 2014に合わせ、9月28日、つくば市においてシンポジウム “Japan and the World after 3.11”を開催します。 大学本部広報から、下記プレスリリースを近日中に予定しておりますので、お知らせいたします。 ICR Special Symposium 2014 : Japan and the World after 3.11 開催について (PDF: 452KB) シンポジウムの詳細は、次のリンク先をご覧ください。 "ICRシンポジウム “Japan and the World after 3.11″ 開催のお知らせ" シンポジウム告知ポスター(表面・裏面) 本シンポジウムはTsukuba Global Science Week 2014の同時開催イベントです。
More

シンポジウム『西アジア文明学の創出1』の報告

 筑波大学人文社会国際比較研究機構西アジア文明研究センターでは、文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「現代文明の基層としての古代西アジア文明」(代表:常木晃 筑波大学教授)のプロジェクトの一環として、古代西アジアの地質学、考古学、楔形文字学、文化財保存科学の分野からなる、 国際シンポジウムを下記の通り6月28日、29日の両日に東京池袋サンシャインシティにて開催いたしました。 (さらに…)
More

機構長インタビュー

tsujinaka-sensei1
人文社会国際比較研究機構(ICR)は、2014年6月、既存の人社系センターである国際比較日本研究センター、西アジア文明研究センター、日本語・日本文化発信力強化研究拠点という三領域を融合させる形で設立、学内初の人社系の学術センターとして出発しました。辻中豊機構長にICRの活動、将来の展望などをお伺いしました。   (さらに…)
More

人文社会国際比較研究機構(ICR)の設立

2014年4月1日より、人文社会国際比較研究機構(ICR)が発足いたします。ICRのミッションは、日本発のトランスナショナルな「人文社会科学のイノベーション」を興して世界に発信することで、グローバルな課題解決への貢献を目指すことにあります。 (さらに…)
More