(7月27日)第36回ICRセミナー

7月27日(木)15時30分より、第36回ICRセミナーを開催いたします。登録不要、参加無料です。ご来場お待ちしております。 ポスター(PDF) 齋藤奈保 氏 一般財団法人 国際IT財団 事務局長 (筑波大学国際関係学類卒業) タイトル:企業・公共のデジタル変革最前線~米国・英国調査から~ 日時:7月27日(木)15:30-17:00 場所:人文社会系棟A101
More

(7月26日)サバティカル報告会(第35回ICRセミナー)

7月26日(水)18時より、サバティカル報告会(第35回ICRセミナー)を開催いたします。登録不要、参加無料です。ご来場お待ちしております。 ポスター(PDF) 三宅裕 教授(歴史・人類学専攻) 濱田真 教授(現代語・現代文化専攻) 日時:7月26日(水)18:00-19:30 場所:人文社会系棟A101
More

(7月19日)第1回教員・職員協働セミナー(第34回ICRセミナー)

7月19日(水)18時より、第1回教員・職員協働セミナー(第34回ICRセミナー)を開催いたします。登録不要、参加無料です。ご来場お待ちしております。   ポスター(PDF) 話題提供: 青島俊之氏(学生支援) 征矢南海子氏(学群教務) 日時:7月19日(水)18:00~19:30 場所:人文社会系棟A101 登録不要、参加無料
More

(7月13日)【開催報告】若手研究者プレゼンバトル2017

7月13日(木)14時より、若手研究者プレゼンバトル2017を開催いたしました。 日時:7月13日(木) 14:00-18:00 場所:人文社会系棟 A101会議室   発表者 戸川 和成 (国際日本研究専攻) アルクバチ マリアム ムスタファ アフゥメド (国際日本研究専攻) 横山 啓人 (哲学・思想専攻) 朱 炫姝 (国際日本研究専攻) 井上 里鶴 (国際日本研究専攻) 出口 誠 (文芸・言語専攻) 秋本 光陽 (国際公共政策専攻) 周 筱 (国際公共政策専攻) 穐山 新 (人文社会系) 河野 正治 (人文社会系)   《学術賞》 ■プレゼンテーション最優秀賞 朱 炫姝 (国際日本研究専攻) ■プレゼンテーション優秀賞 出口 誠 (文芸・言語専攻)   《技能賞》 ■プレゼンテーション技能最優秀賞 横山 啓人 (哲学・思想専攻) ■プレゼンテーション技能優秀賞 アルクバチ マリアム ムスタファ アフゥメド (国際日...
More

(7月10日)人文社会系学術展示室OPEN

展示室1
人文社会学系棟2階A210室では、人文社会系における研究を広く内外に発信するため、「人文社会系学術展示室」をオープンしています。 展示室では、人文社会系教員の著書・訳本のほか、国内外の遺跡から発掘された遺物や、東京高等師範学校・東京教育大学時代の所蔵品などを公開しております。 また、人文社会系のリサーチユニット(研究者グループ)の研究内容をパネル展示しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。 ■展示室の場所  筑波大学 中地区 第1エリア 人文社会学系棟A210 (茨城県つくば市天王台1-1-1) アクセス:「筑波大学筑波キャンパスへの交通アクセス」をご覧ください。 利用停留所(関東鉄道バス):筑波大学中央行き又は筑波大学循環バス「第一エリア前」又は「筑波大学中央」下車 ■開室時間 平日の9時~16時 ※学外の方も含め、どなたでも見学できます。事前申し込みは不要です。 ※見学の際には、入口手前の「入室者名簿」へのご記入に協力願います。
More

(6月15日)辻中機構長が西南大学(中国・重慶)で招待講演、そして客員教授に任命されました

人文社会国際比較研究機構長の辻中教授が、西南大学(中国・重慶)で招待講演を行いました。 また、西南大学の客員教授に任命されました。 日時:2017年6月9日(金)午前9時から11時半 講演タイトル:人文社会科学研究イノベーションとしての国際日本研究:日本とアジアのローカルガバナンス 講演は日本語で行われ、筑波大学で学位博士(社会科学)を2016年に修得した 劉維 同大学 講師が通訳を行いました。 出席は、同大学の行政管理・政治学分野、日本研究分野の教員、大学院生、学部生約80名。 1時間半の講演に続き、約10名から活発な質疑がありました。 同時に、辻中豊機構長を同大学の客員(客座)教授として招聘することが決定され、任命式と記念撮影が行われました。  
More

(4月13日)【新刊紹介】辻中先生、ダダバエフ先生の編著が刊行されました

人文社会系の辻中豊先生、ダダバエフ・ティムール先生の編著が刊行されました。 2017 Social Capital Construction and Governance in Central Asia: Communities and NGOs in post-Soviet Uzbekistan, Co-edited with Tsujinaka, Yutaka and Murod Ismailov. NY: Palgrave Macmillan. (ISBN 978-1-137-52233-7), Editors: Dadabaev, Timur, Ismailov, Murod, Tsujinaka, Yutaka (Eds.) 本の内容と目次はこちら。
More

(3月30日)【新刊紹介】『安定を模索するアフリカ』の刊行(ミネルヴァ書房)

http://www.minervashobo.co.jp/book/b241682.html コア研究員の木田剛准教授が竹内幸雄氏(日本大学教授)と共同で編集を担当した『安定を模索するアフリカ』(ミネルヴァ書房)が刊行されました。本書はサハラ以南のアフリカを焦点に絞り、植民地支配を経験した途上国諸国がどのように独立後の困難な道を歩み、そしてグローバル時代の中でどのように進もうとしているのかを考察する16の章と5つのコラムが収録されています。いまだ経済的にも政治的にも脆弱であるものの、新たな国際関係や地域統合が進展し、政治ガヴァナンスの改善の兆しも見えはじめています。アフリカ地域の過去と現状を概観するとともに、アフリカが抱える課題と可能性を分析しながら、未来を展望しようと試みています。なお、本書はミネルヴァ書房の「グローバル・サウスはいま」の第4巻に当たります。   序 章 グローバル化のなかの脆弱性とレジリエンス(木田 剛) [第Ⅰ部 アフリカの変容] 第1章 アフリカにおける国際機関の役割——貧困・開発・民主主義・人権(龍澤邦彦) 第2章 安全...
More

国際シンポジウム:アーネスト・ヘミングウェイ像の再構築 ~21世紀の視座から~

【ポスター(PDF)】 20世紀文学を代表する一作家であるアーネスト・ヘミングウェイの生誕120周年を目前にひかえ、筑波大学アメリカ文学会では、筑波大学人文社会国際比較機構(ICR)の協力のもとに、21世紀という視座からあらためてヘミングウェイ像の再構築を試みる国際シンポジウムを開催することといたしました。1920年代の批評から現代に至る先行研究を基盤に、ヘミングウェイの肖像、イデオロギー、メディア、テクストという多角的な側面から新たな研究成果を発信いたします。 講師には、ヘミングウェイ研究において顕著な国際的業績をもつ両教授、ハンブルク大学教授のペーター・ローデンベルク氏(The Making of Ernest Hemingway: Celebrity, Photojournalism, and the Emergence of the Modern Lifestyle Media. Berlin: Lit Verlag, 2014)、及び、筑波大学教授の宮本陽一郎氏(“‘Papa’ and Fidel: Cold War, Cuba, and Two Interp...
More

フランス国立科学研究センター「音声言語研究所(LPL)」の学術ジャーナル「TIPA」の出版

コア研究員の木田剛准教授が日本学術振興会特別研究員のLaura-Anca Parepa氏(筑波大学)と共同で編集を担当した、フランス国立科学研究センター(CNRS)Laboratoire Parole et Langage(音声言語研究所)主催の学術ジャーナル特別号「紛争と談話」(TIPA No. 32)が出版されました。人文科学と社会科学の研究者の対話が特徴的な特集号です(なお、同ジャーナルの次号も同じ編者による同じ路線の特集になっており、刊行が2017年6月に予定されています)。詳細は以下の通りです。 Laboratoire Parole et Langage (UMR 7309 - CNRS - AMU) Travaux interdisciplinaires sur la parole et le langage (TIPA) No. 32 "Conflit en discours et discours en conflit : approches linguistiques et communicatives (Discourse in conflict and ...
More

【新刊紹介】木田剛先生の著書が刊行されました

97823431108511
ICR(人文社会国際比較研究機構)コア研究員の木田剛准教授が、フランスで寄稿した論文集が刊行されました。   論文名は「Symbolisme gestuel de la gastronomie japonaise」(日本美食におけるジェスチャー象徴論)で、寿司職人の手さばきで演出される日本の美食空間の「おもてなし文化」をマルチモダリティ理論の観点から論じた内容となっています。 書籍名:Les gestes culinaires : mise en scène de savoir-faire 出版社:Paris: L'Harmattan出版(2017年2月) 出版社へのリンク:http://www.editions-harmattan.fr/index.asp?navig=catalogue&obj=livre&no=52687
More

【参加者募集】第3回人文・社会科学系研究推進フォーラム(2017年3月3日@琉球大学)

jinbun_poster
人文・社会科学系の研究にかかわる研究者、URA、事務系職員、行政機関・資金配分機関の関係者等が集うフォーラムの第3回が、琉球大学にて開催されます。参加費は無料・事前登録ありです。是非ご参加ください。 (さらに…)
More

First LAM-ARENA Seminar(9th-10th January 2016)

First LAM-ARENA Seminar Different Persepectives on Africa in Globalization 9th-10th January 2016  Alliance for Research on North Africa, University of Tsukuba, Ibaraki, Tsukuba, Japan   Project rationale and objectives The crossed analysis of the fields of intervention of both structures (ARENA and LAM) leads to think that a fruitful collaboration can be led by taking advantage of specificities of each center. Indeed, the approach of LAM concerns the whole continent but does not under...
More

デジタル・ヒューマニティーズ講演会&ワークショップ【12月15日―16日】

<講演会> 日時:12月15日(木) 13:00-14:30 会場:3B312プレゼンルーム Donald Sturgeon: Classical Chinese Literature in a Digital Age <ワークショップ> 日時:12月16日(金) 13:00-16:30 会場:3B312プレゼンルーム 宇陀則彦:図書館情報学アーカイブズの概要 和氣愛仁:アノテーション付与型画像データベースプラットフォームWDBの紹介 高橋洋成:楔形文字粘土板における「空白」のマークアップ 永崎研宣:An Ecosystem for Digital Buddhist Studies Donald Sturgeon: Optical Character Recognition for pre-Modern Chinese Texts [poster]      
More

【開催報告】人文社会系 研究発信月間 キックオフシンポジウム

 筑波大学では今年度から毎年、「人文社会系 研究発信月間」を設け、学会、講演会、ワークショップなどを相次いで行っています。研究発信月間は、普段は見えづらいが社会的要請の高い人文社会系分野の研究成果を広く社会に伝えることを目的とし、今年は11月を中心に、およそ20のイベントを開催しています。一部のイベントを除き全て一般参加可で入場無料。 その皮切りとして、11月5日午後1時から、筑波大学東京キャンパス文京校舎にて研究発信月間のキックオフシンポジウムを開催しました。シンポジウムは「逆境からイノベーションへ」をテーマとして、3名の講演があり、後半はパネルディスカッションが行いました。 最初に蒲島郁夫氏(熊本県知事、元筑波大学教授、東京大学名誉教授)より、「逆境の中にこそ夢がある」というテーマで基調講演があり、そののち、児島明佳氏(日本学術振興会研究事業部研究事業課長(兼)研究倫理推進室長)より「社会に内包する課題解決を先導する人文学・社会科学研究」という講演があり、また、筑波大学人文社会国際比較研究機構長の辻中豊教授より「人文社会科学研究イノベーションの、一つの方向とその意義」という講演...
More

筑波大学 人文社会系 研究発信月間 キックオフシンポジウム【11月5日】

【完成版】人社系研究発信月間キックオフシンポジウム_ポスター
筑波大学では、本年より毎年11月を中心に、「人文社会系 研究発信月間」を設定し、積極的に、また体系的に、本学の人文社会系研究の成果発信を行います。 11月5日(土)にキックオフシンポジウムを開催いたします。 事前申し込み受付中です。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。 参加登録は下記よりお願いいたします。 (さらに…)
More

人文社会系 研究発信月間

【完成版】人社系月間_ポスター
     ポスター(PDF) 筑波大学では、本年より毎年11月を中心に、「人文社会系 研究発信月間」を設定し、積極的に、また体系的に、本学の人文社会系研究の成果発信を行います。 日時:平成28年10月15日(土) ~ 平成28年12月10日(土) 場所:筑波大学(東京キャンパス含む) プログラム一覧はこちら   キックオフシンポジウムについてはこちら ファイナルシンポジウムについてはこちら  
More

【学内限定】人文社会系研究見える化月間の参加募集について

 「人文社会系研究見える化月間」は、人文学・社会科学について研究成果を広く発信し、当該研究分野の見える化を促進することを目的としています。 筑波大学人文社会系では、さらなる教育研究活動の発展のために、人文社会系研究見える化月間を設けました。この期間に学会、研究会、講演会、展示会、サイエンスカフェ等の実施をご検討ください。 (さらに…)
More

【学内向け】EAJS-L: Call for Applications: Exchange Program for Regional Integration in EastAsia and Europe (EPRIE) 2016 – deadline April 22

若手研究者向けのサマースクールについて公募がありましたのでお知らせいたします。 東アジアと欧州における地域統合政策に関する意見交換 議題: 亡命、移民、統合 ― 類 似する課題、多様なパターン 日程: 2016年6月24日 から7月6日 開催地: ポーランド、ドイツ、フランス 詳細は筑波大学人社グループウェアの掲示板を参照してください。
More

第2回 世界大学ランキング勉強会 開催報告【当日資料掲載】

2016年1月13日、第2回世界大学ランキング勉強会を開催いたしました。 冒頭、人文社会国際比較研究機構(ICR)機構長より前回の勉強会を踏まえて今回の開催趣旨をご説明いただきました。続いて柿田氏に、「Scopusへの雑誌登録について」ご説明いただきました。また活発な質疑応答も行われました。                 新春のお忙しい中、先生方、職員の方々にご参加いただきましてありがとうございました。また、アンケートにもご協力いただきありがとうございました。 当日の配布資料は、こちらからダウンロードしていただけます(学内限定、1MB)。 ※ダウンロード後、別のサイトにて公開することはご遠慮ください。   日時:2016年1月13日(水) 18:00~19:30 場所:人文社会学系棟 A101会議室 テーマ:Scopusへの雑誌登録について 講師:柿田佳子氏(エルゼビア・ジャパン株式会社 シニア・ソリューションマネージャー)   主催:人文社会...
More

英文での研究成果発信支援プログラム【受付を終了しました】

このプログラムは、ICRの取組の一環として本学人文社会系研究者の研究成果を広く世界に向けて発信することを目的とし、英文校正費用を(一部)支援するプログラムです。 申込が予算の上限に達しましたので、受付を終了しました(2016年1月12日) (さらに…)
More

機構長インタビュー

tsujinaka-sensei1
人文社会国際比較研究機構(ICR)は、2014年6月、既存の人社系センターである国際比較日本研究センター、西アジア文明研究センター、日本語・日本文化発信力強化研究拠点という三領域を融合させる形で設立、学内初の人社系の学術センターとして出発しました。辻中豊機構長にICRの活動、将来の展望などをお伺いしました。   (さらに…)
More

人文社会国際比較研究機構(ICR)の設立

2014年4月1日より、人文社会国際比較研究機構(ICR)が発足いたします。ICRのミッションは、日本発のトランスナショナルな「人文社会科学のイノベーション」を興して世界に発信することで、グローバルな課題解決への貢献を目指すことにあります。 (さらに…)
More