(6月12日)平成29年度 英文での研究成果発信支援プログラム

本学人文社会系研究者の研究成果を広く世界に向けて発信することを目的とし、英文校正費用を

(一部)支援するプログラムを実施いたします。

 

【英訳・校閲対象】

①アブストラクトの英訳(1ページ程度)

②論文(ページ数および論文の種類は問わない)

 

【対象】:人文社会系教員

 

【条件】:申請する際には、審査を行うときの参考にするため、英文で発信することの意義・

効果等について200字程度で申込フォームに記入すること。

①について

・リポジトリへ登録すること。

・日本語の論文および著書を対象とする。(過去10年以内のもの)

・英訳に用いる日本語アブストラクトは、A4サイズ1枚程度(図表を含めることも可)

として、本人が作成する。

・リポジトリへの英訳アブストラクト登録にかかる出版元への許諾、共著の場合の他の

著者への許諾、必要に応じた図版提供許諾は、本人が行う。

・全訳、校閲のみも可とする。

 

②について

・今年度中に投稿すること。

・全訳、校閲のみも可とする。

(採択後)

・投稿の確認が出来るものを提出する。

・請求書(or 完了報告書)と、納品物のコピーを提出する。

 

【受付締切】:6月30日(金)

【請求書の締切】:8月末

【申込】
以下の情報をメールにてお送りください。

  1. 専攻名
  2. 職名
  3. 氏名
  4. 内線番号
  5. タイトル
  6. 見積金額
  7. 見積書
  8. 学術的意義(200字程度)申請する際には、審査の参考にするため、英文で研究成果を発信することの意義、効果について200字程度で記述してください。

<送付先>office@icrhs.tsukuba.ac.jp

 

【選考方法】

選考は人文社会系長が設置する審査委員会が行い、系長が決定します。

 

【補助】

8万円までは実額補助

 

 

【問い合わせ先】:

人文社会国際比較研究機構(ICR)

森本(URA研究戦略推進室) 内線:6046

morimoto.yukihito.gn@un.tsukuba.ac.jp