第32回ICRセミナー【3月21日(火)】

3月21日(月)、筑波大学にて第32回ICRセミナーを開催いたします。参加費は無料です。是非奮ってご参加ください。

中国の経済発展と環境・労働・格差問題の 解決方法

 

■日時:3月21日(火) 15:00-16:30

■会場:人文社会系棟A101

■講師:白巴根 先生(中国湖南大学法学院教授、国際経済法担当)

概要:

改革解放以降の中国の政治経済体制(国家権力は指導者個人の私欲に利用されやすい、権力の牽制を許さない、国有企業の独占、土地の国家所有制または国家資本主義、党営資本主義)は、国民に市場空間を許したため経済成長を実現した。しかし、経済発展に伴って派生した問題はほぼ処理されず、貧富の格差、環境破壊、労働者の待遇(結社の自由、戸籍移動自由、言論の自由、知る権利)は深刻な状態にある。国家の政治経済の運営を国民の福祉(経済的豊かさ以外に人間の自由、尊厳、差別を受けない平等権、国家権力に対する抵抗権、良心の自由などを含む包括的な概念)の発展(今までのようなGDP中心の経済発展だけではなく)に重点を移すべく、上記三つの問題解決のことは当面の課題であろう。したがって、国家主導の経済成長戦略の放棄、国有企業 独占の放棄と徹底的な改造、人民元為替レートの完全自由化、土地所有権の私有化、結社の自由、言論出版の自由、戸籍差別の排除など多くの領域の改革を断行すれば、中国に本格的な発展と繁栄が訪れ、周辺諸国との間に本当の平和関係が構築されるだろう。

 

ポスター[PDF]