《特集》国際テニュアトラック助教の活動

ICRには3人の国際テニュアトラック助教が所属しており、ミラノ大学、オハイオ州立大学、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン (University College London, UCL) へそれぞれ派遣されています。派遣先での研究状況についてレポートいたします。

国際テニュアトラック制度について  (COTRE, Community of Tsukuba Researchersのページへリンクします)

 _____________________________________________________________________________________________________________________________________

◆国際テニュアトラック研究レポート

  icon-book 前田修 (Osamu Maeda)研究概要・研究業績maeda photo1

前田助教は、2014年11月よりユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン (University College London, UCL) の考古学研究所 (Institute of Archaeology) に派遣されています。派遣先での研究状況をご紹介いたします。

前田助教研究レポート2015年8月号
前田助教研究レポート2015年12月号 

 

 icon-book  Willy Jou: 研究概要・研究業績

Jou助教は、現在ミラノ大学 (the University of Milan) に派遣されています。派遣先での研究状況をご紹介いたします。

Willy Jou 助教研究レポート2015年8月号
Willy Jou 助教研究レポート2015年12月号

 icon-book 窪田悠介(Yusuke Kubota

portrait

窪田助教は、現在オハイオ州立大学(the Ohio State University)の言語学科に派遣されています。派遣先での研究状況をご紹介いたします。

窪田悠介助教研究レポート2015年12月号

研究概要・研究業績
個人ホームページ

 

 

_____________________________________________________________________________________________________